忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[643]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [633]  [632
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『学校』と呼ばれる組織に属する二人の少年。

明朗快活な明。
冷静沈着な涼。

正反対の二人の、ある一夜。
現状、一番書いてるコンビかも。


 遅い梅雨は、闇の帷にも薄い雲を残していた。
 風が強いのか、月明かりに浮かぶ影は波のような早さで流されていく。

 夜といっても夜更けには未だ早い。
 都会の街は明るく、部屋の灯りを落とせば窓からの光が壁に四角い形を切り取った。
 早々の寝間着姿で窓辺の椅子に向かい合い、微かに光る星を探す。

「ねぇ、リョウ」
「なに」
「あれ、フキゲン」
「眠いんだよ」
「まだ十時だけど」
「今日は疲れたんだ」
「織姫と彦星って、なんで離ればなれになったんだっけ」

 訊ねると、博識にして聡明なパートナーは伏せていた瞼を上げ少し考えてからなんてことなさそうに口を開いた。
 長い睫毛が頬に影を落とす。

「夫婦生活に現を抜かし、互いに仕事をしなくなった。だから罰として引き離されたんだ」
「ふーん…二人で一緒に仕事すればいいのにね」

 明の言葉に、涼は小さく笑った。

 昼は共に笑いながら牛を追い、夜は共に歌いながら機を織る。
 ただ寄り添うばかりが共に生きることではなく、生きる為に共に戦う。

「俺達みたいに?」
「莫迦云え」

 笑った顔が見れたので嬉しくなって調子に乗ったら案の定小突かれた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/08 アオイ]
[03/07 きさき]
[12/30 KT3]
[06/19 妹@きさき]
[03/11 妹]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雨月アオイ
性別:
非公開
自己紹介:
砂糖とカカオと少年でできています。
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)左手にブリキの花束を、右手にお菓子の拳銃を All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]