忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 10  2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [633]  [632]  [631
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


偏食家の大学生「藤瀬耀也」と世話好き高校生「高槻門真」は幼なじみ。
耀也が体調を崩したのをきっかけに、二人は同居することに。

という設定の下お料理DSみたいなBLゲが作りたかった。


 一雨来たのだろうか。
 アスファルトは重く濡れ、独特の匂いと蒸すような湿気った熱が立ち上る。
 夜の闇は熱を冷ますには未だ足りない。
 雨上がりの空はあまり冴えず、それでも僅かな星が瞬いていた。

「今日の晩飯、どうしようか?」
「……」
「耀也?」
「…星が見えない」
「星?」
「織姫と彦星が会えないだろ」

 不機嫌そうな呟きに、門真は吹き出した。
 大学生になった二つ上の幼なじみは、相変わらず気まぐれらしい。

「今時その台詞を聞けるとは思わなかった。しかも大学生から」
「五月蠅いなぁ、…別に、信じてるわけじゃないけど」
「一年に一回と、一週間だけ毎日と、どっちかっつったら?」
「どっちも御免だ」
「年がら年中毎日会えれば満足なのかよ」
「俺達みたいに?」
「キショいこと云うな」

 云ってやったら、耀也は「幼なじみに酷いな」と笑った。

 嘘だよ。
 アンタが倒れたって聞いた時はびっくりしたし、心臓飛び出るかと思ったけど、でも、また会えると思ったら嬉しかったんだ。
 一年に一回じゃなくて。
 一日三食、傍にいることが。

「晩飯。どうする?」
「たまには俺が作ってやろうか」
「…怖いからいやだ」
「それ、どういう意味だよ!」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/08 アオイ]
[03/07 きさき]
[12/30 KT3]
[06/19 妹@きさき]
[03/11 妹]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雨月アオイ
性別:
非公開
自己紹介:
砂糖とカカオと少年でできています。
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)左手にブリキの花束を、右手にお菓子の拳銃を All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]