忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 10  2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [633]  [632]  [631]  [630
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


真夜中の学校で人知れず戦い続ける「アズ」と「チェス」。

以前「ネタ」で投下した子。


「よくこんなとこ知ってたね、アズ」
「だろ」
「不法侵入じゃないんですかー、ユートーセー」
「確かに俺は優等生だけど、もう一回云ったらここから蹴り落とすよ」

 廃ビルの屋上は風化したコンクリートがローファーにざらざらと音を立て、月の表面ってこんなんじゃないかなとチェスは思った。
 月面歩行。
 見上げても空は曇天、僅かな隙間から見える星は宇宙の裂け目だった。

「天気、悪いな」
「駄目なの?」
「織姫と彦星が会えないだろ」

 寂しげな横顔は茶化すような雰囲気でなく、だからもう少しだけ見れないかなと小さく祈った。

「もう少しいれるかな」
「学校に戻らなきゃ平気だろ」
「一年に一回だしね」
「チェス」
「ん?」
「そこ、どうしたんだよ」
「どれ」
「その、手の甲の」

 チェスの学ランの袖から覗く甲に、いつのまにやら小さな切り傷が出来ていた。
 不安げな顔に思わず笑うと、アズはそれが気に触ったのか唇を尖らせて目を逸らした。
 こちらも見ずにぐい、と絆創膏を押し付けてくる。

「ありがと」
「別に。情けは人の為ならず、だよ」
「つまり、僕が怪我するとアズが困るからかー」
「当たり前だろ。死にたくないからな」
「素直じゃない」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/08 アオイ]
[03/07 きさき]
[12/30 KT3]
[06/19 妹@きさき]
[03/11 妹]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雨月アオイ
性別:
非公開
自己紹介:
砂糖とカカオと少年でできています。
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)左手にブリキの花束を、右手にお菓子の拳銃を All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]